ポシティブになる方法|今日から前向きに生きる12個の技術

「もうダメかも」
「どうせ無理だろう」

私たちは簡単にあきらめてしまったり、障害があると最初にできない理由を考えてしまいます。ちょっと辛いことがあればすぐに暗い気分になってしまいます。

ところが世の中にはなぜかいつも前向きな人がいます。たとえ辛いことがあってもポジティブに生きていける強さが羨ましいです。

どう考えても生まれつきとしか思えないほど明るい人がいますが、もともとネガティブな人でもポジティブに変わることはできます。

少しでも前向きに、肯定的に人生を生きていきたいものです。

その方法をシェアしたいと思います。

1. ネガティブなのが普通

いろんな本や雑誌で「ポジティブになろう」と言われているので、ポジティブ=善いこと、ネガティブ=悪いことと思い込んでしまいがちです。

でも、ネガティブ=悪いことと思っていると、2重に自分を否定してしまい、余計にネガティブになってしまいます

冷静に考えるとネガティブなのは「普通」です。

ポジティブな人が少ないからこそ、ポジティブになろう!と言われるのです。

お金持ちが少ないから、お金持ちになりたいと思うのと同じです。

ネガティブな気分になったときは、それが悪いこととは思わず、まず「これが普通」だと考えておきましょう。

今のままでも悪くはないのです。そう思うだけでも少しポジティブな気分になりますよね(笑)

2. 身体の使い方をポシティブにする

精神的に超健康な人に「毎日ため息をつく」ように命令するだけで、その人はうつ病になってしまうそうです。

体の状態と心の状態はリンクしています。

考えてみるとネガティブな気分になっているとき、だいたい背筋が丸まって、呼吸は浅くなり、下を向いていると思います。

逆にポジティブな気分の時と同じように体を使うことで、気持ちもポジティブに持って行くことができます。

気分が落ちてるな、と思ったらまず良い姿勢をとり、深呼吸をしましょう。

3. できる理由を7個以上考えるとポジティブになれる

ポジティブな人はできる理由を考える、ネガティブな人はできない理由を考えると言われます。

普通の人はどちらかというとネガティブなので、ついできない理由を考えてしまいます。

できない理由を考えないように意識しても、なかなかネガティブな思考を追い出すことはできませんが、簡単にポジティブな思考に変わる方法があります。

できる理由を『7個』以上考えましょう。

なぜ7個なのか?

脳化学でマジックナンバー7と呼ばれていますが、私たちは7個以上のことを同時に考えることができないのです。

だから、7個のできる理由を考えれば、自動的にできない理由は頭の中から消えてしまいます。

7個であれば両手で数えられるので、指を折りながら、できる理由を1つずつ挙げていきましょう。

4. 『記憶空間』を利用してポジティブな気持ちになる

私たちの脳内で情報は『空間的』に配置されているそうです。例えば左下には過去の辛い記憶、右上は未来の楽しい想像という具合です。

人によってこの配置は異なるのですが、自分のネガティブな記憶がどのあたりに配置されているか知っておくと、ネガティブ脱出の役に立ちます。

例えばわたしは、嫌なことを思い出す時、だいたい左下を見ている傾向があります。

それを知ってから、気持ちを切り替えたい時は、右側を見て考えるようにしています。

辛い気分になっているとき、自分がどこを見ているか観察してみましょう。

5. 自分ルールを変えて簡単にハッピーになる

私たちは自分のルールにもとづいて幸せ、不幸、成功、失敗、罪悪感、劣等感など様々な感情を生み出しています。

たとえば「結婚=幸せ」と考えている人(特に女性)はかなり多いですよね。ところがこのルールに固執してしまい、結婚できない=幸せになれないと思い込んでしまう人もいます。

いつもポジティブで明るい人は、幸せのルールが色々あるんです。

私の場合、おいしくコーヒーが淹れられたら幸せ、うまく文章がかけたら幸せ、などですね。

死ぬほどポジティブな友人は、朝元気に起きて、ペットにおはようを言えるだけで幸せだそうです。

できるだけ色々な幸せのルールを作って見ましょう。

6. 失敗しても自分を否定しない

何かにチャレンジして失敗したとき、仕事がうまくできなかったとき、失恋したとき、どうしても気分は落ちこんでしまいます。

一時的に落ち込むのは誰でも同じですが、すぐに立ち直る人と、いつまでも立ち直れない人の違いはなんでしょうか?

すぐに立ち直る人は、結果や行動を反省しても、自分の能力は否定せず、次にチャレンジします。

立ち直れない人は、結果や行動がダメだった時、自分の能力がないと思ったり、人格まで否定してしまいます。

全盛期のイチローでも10回のうち4回しかヒットが打てません。10回中6回は失敗です。でも、イチローに能力がないとは誰も思いませんよね?

たとえ結果が悪くても、あなたの能力がないわけではありません。

真面目な人ほどネガティブになりやすいのは、失敗したときに自分を全否定してしまうからです。

失敗や間違いの度に自分を全否定していないか?否定しすぎていないか?をチェックしてみましょう。

7. 安全ゾーンを確保する

悲しいことですが家庭内不和の中で育った子どもは自己肯定感が低くなってしまう傾向があります。

本来であれば安全であるはずの家庭内で不安を感じていると、明るい未来を想像しずらくなってしまうのです。

これは大人でも同じです。

心から安心できる時間と場所を確保されていないと、気持ちがトゲトゲしくなり、周りが敵ばかりに思えるようになってきます。

「どうして自分ばかりこんな目にあうんだ」という気持ちになり、全てをネガティブにとらえるようになってしまいます。

自宅でも自室でもマイカーの中でも夜の公園でも喫茶店でもどこでもいいので、『ここにいるときは本当に安心できる」という場所を確保しておきましょう。

8. 他人には分からない本当の欲求

生活に不便も不満も感じていない。なのに理由もなくネガティブになってしまうときは、私たち自身の本当の欲求が満たされていない可能性があります。

私たちは色々な欲求をもって生きています。

例えばNLPでは、

  • 安全(安心できること)
  • 変化(ワクワクすること)
  • 重要性(認められること)
  • つながり(孤独でないこと)
  • 成長
  • 貢献
  • の6つの欲求に分類していますが、誰もが6つ全てを望んでいます。でも、実際に周りの友人に聞いてみると分かりますが、人によって優先順位が異なります。

    例えば私は多少不安があってもワクワクするほうが良いのですが、人によってはとにかく安心を求める人がいます。

    今の生活に対して欲求不満がある場合、自分にとって大事な欲求が満たされていない可能性があります。

    自分はどの欲求が強いのか、一度じっくり考えてみましょう。

    9. 死ぬまでに幸せになればいい

    よく目標には期限を決めましょうと言われます。ところが期限付きの目標はネガティブな気分に追い打ちをかける要因でもあります。

    なぜ目標に期限を決めると良いのかというと、『恐怖』が生まれるからです。会社や学校に遅刻しないようにダッシュするように、目標の期限に間に合わせるためにダッシュすることができます。

    ところが、ネガティブな気分の時は、この目標を期限までに達成できないという『恐怖』がただのストレスになってしまうのです。

    その結果、夢や目標自体をあきらめてしまうこともあります。

    ネガティブな気分になったときこそ、「そのうち成功すればいい」「いつか結婚すればいい」など、目標の期限を取っ払って、方向性だけの維持につとめましょう。

    そうすればゆっくりでも目標に向かって歩き続けることができます。あきらめる必要はないのです。

    10. 小さな成功をたくさん収める

    ポジティブになるのが上手な人は、小さなことに喜びを感じる習慣を持っています。

    なぜ小さな成功に喜びを感じた方がポジティブになりやすいのか?

    私たちの本能にとって、社会的に大きな成功も、小さな成功もあまり違いがないからです。

    例えばノーベル賞をもらったら、普通の人の一生分以上の成功かもしれませんが、それだけで一生幸せかというとそんなことはありません。

    一時期には気分は最高潮まで上がりますが、徐々に気分は落ち着き、場合によっては落ち込むこともあります。

    でも近所のおばさんから「ありがとう」と言われるだけでもかなり気分は良くなりますよね。

    ノーベル賞を1回もらうよりも、ちょっとしたことをやってあげて100回ありがとうと言われるほうが簡単です。

    特にネガティブな気分の時は行動力が落ちているので、難しいことはできません。部屋の片付けや、ちょっとした親切など、簡単にできることをやって、自分を褒めたり、人に褒めてもらいましょう。

    11. お世辞でも人を褒める

    人を褒めると良いことがあります。
    褒められた人が喜ぶ、というのはもちろですが、私たちの脳は他人を褒めることで、自分が褒められた時と同様の反応を示すのです。

    この反応はミラーニューロンと呼ばれていて、ミラーニューロンによって人間は他人の痛みに共感したり、喜びを分かち合うことができるとも言われています。

    他人から褒められて悪い気がする人はいません。お世辞でもウソでも、友人や家族を褒めてみましょう。

    12. ウソも100回言えば本当になる

    ウソも100回言えば本当になる、と言われています。他人がそう信じるだけでなく、ウソをついた本人がそう信じるようになるのです。私達の記憶はとても曖昧で柔軟にできています。

    無罪の容疑者が「おまえがやったんだよ」と言われるうちに本当に罪をおかしたと思って自白してしまうことがありますが、やってもいないことをやったと思ってしまうくらい記憶は曖昧なのです。

    そこで、ポジティブになりたければ、いっそのこと友人に頼み込んで自分を褒めてもらいましょう。

    「○○君って明るいよね」
    「○○さんっていつもポジティブだよね」

    初めは冗談のように聞こえるかもしれませんが、数日~数週間続けていくうちにウソか本当か分からなくなってきます。

    褒めている友人もナチュラルに褒めてくれるようになりますし、自分自身がまるで本当に明るくてポジティブな人間だと思うようになってきます。

    ウソが本当になった瞬間です。

    ウソだと思って、友人にランチを奢るかわりに褒めてもらうように頼んでみましょう。下手な自己啓発本を買うよりもコストパフォーマンス高いですよ^^

    私たちは、自分で自分を変えることは苦手です。

    でも、人に言われると案外簡単に変わってしまいます。

    人間心理をうまく利用して、理想の自分に近づく方法はこちら↓