サプリでアンチエイジングする方法|マイナス10歳の作り方

サプリに300万円
使いました。

私が人生の中で一番お金をかけてきたものがサプリメントです。

クレジットカードを手に入れて、真っ先に買ったのは海外のサプリでした。

それから15年以上、毎月1万~2万円、多いときは3万~5万円をサプリメントにつぎ込んできました。

毎日10種類以上のサプリを飲んでいた時期もあります。

改めて計算してみると、過去に余裕で300万円は使ってきています。

それでも後悔するどころか、今でも毎月サプリを買っています。

使った金額以上に
結果が出ているからです。

例えば先日も、美容皮膚科の専門装置を用いた肌診断でも「実年齢マイナス10歳くらいです」というありがたいお言葉をいただきました。

ほとんど外食の食生活で、昼夜逆転の不規則な生活をしてきたにもかかわらずです。

同年代の人達だけでなく、家族や兄弟と比べても明らかに老化のスピードが遅いと感じています。

20代後半になって英語を始め、TOEICで900点以上を取得するなど、集中力や記憶力は学生時代より大人になってからのほうが確実に高くなっています。

サプリってすごいなって思います。

全てがサプリのおかげではないとは思いますが、もし私が全くサプリを飲んでいなかったら、今の肌年齢、今の脳年齢、今のライフスタイルはあり得ないはずです。

なので私は、肌のためにも脳のためにも、アンチエイジングのためにはサプリは飲むべきだと信じていますし、これからも飲み続けるでしょう。

そこで私が300万円を使いながら学んだ、サプリ選びのエッセンスをシェアしたいと思います^^

※なお当記事はあくまで私個人の感想であり、効果効能を示したり保証するものではありません。念のため。

私たちがサプリを摂取するべき理由

よく言われるように、サプリメントは「足りないもの」を補うものです。

だからといって「まずバランスの良い食生活を~」なんて眠たいことを言うつもりは全くありません。

なぜなら

『足りないもの』を補う方法として、最も確実で効率的な方法がサプリメントだからです。

サプリには100点のものを120点にする力はありませんが、80点のものを90点にする力はあります。

もしあなたが100点満点の完璧な栄養バランスの食生活と、完璧に健康的なライフスタイルを送っていればサプリは必要ないかもしれません。

逆に、いくらかでも偏った食生活、偏った生活を送っているのであれば、サプリを摂取する必要性は高いともいえます。

食生活と栄養の偏り

私たちの体は様々な栄養素の『共同作業』によって成り立っています。

例えば肌のコラーゲンの原料はたんぱく質ですが、いくらたんぱく質が豊富にあっても、ビタミンCが十分になければコラーゲンは作られません。

99%の栄養素が揃っていても、もし残りの1%が不足していたら、せっかくの99%が無駄になってしまうんです。

特に外食中心の生活をしていると、誰でも自分の好みのメニューに偏っていきます。

必要な栄養は「毎日」摂る必要があります。

だからこそプロのアスリートには専属シェフや栄養コンサルタントがつくのですが、そうではない一般の人が本当にバランス良く必要な栄養素を摂取するためには、どうしてもサプリメントが必要になります。

例えば、現代の食生活で不足している成分の代表がオメガ3(DHAなど)です。

脂質にはオメガ3、オメガ6、オメガ9などの種類がありますが、脳細胞や肌の保湿成分が正常に作られるためには、オメガ6とオメガ3のバランスが重要です。

ところが現代の食生活ではオメガ6が圧倒的に過剰摂取になってしまいます。オメガ6とオメガ3のバランスが良くないと、健康な肌も髪も作られません。脳がうまく働いてくれません。

そこでサプリからオメガ3の摂取を増やすことで、肌の状態や頭脳活動の改善が期待できるわけです。

ライフスタイルの偏り

私たちの生活がデスクワーク中心になったのはここ50年くらいの話で、パソコン中心になったのはここ15年くらいの話です。

人類の歴史上、99.9%はWindowsもiPhoneもGoogleもYoutubeも存在していませんでした。

ライフスタイルは大きく変わりましたが、私たち人間の体のしくみは数万年前から変わっていません。

私たちの体のしくみは、山で柴刈りをして川で洗濯をしていた時代のままです。

そのような状態で1日何時間もパソコンやスマホに向かえば、当然体に無理が生じます。

特に目が酷使されますが、目に疲れが視力低下だけでなく不眠やストレス、うつの大きな原因になっているという医師もいます。

私は1日10時間くらいパソコンとスマホに向かいますので、かなり早い段階から目を保護する成分を摂取してきました。

視力低下防止のためだけでなく、頭痛や肩こり、疲労回復、集中力維持や精神的な健康のためにです。

目を保護する成分(ルテインなど)は、全員に必要なサプリ成分ではありませんが、パソコンやスマホを頻繁に使用する人にとってはかなり重要なサプリになります。

サプリはからだ全身を巡る

ダイエットサプリ、便秘サプリ、学習サプリ、睡眠サプリ・・・

サプリには色々なジャンルがありますよね。

でも、実際に色々なサプリを飲んで分かったのは、

サプリの影響は全身に及ぶということです。

具体的に言うと、私が10年以上飲み続けている成分に『DHA』がありますが、DHAを摂取する理由は数え切れないほど多くあります。

血液サラサラ、記憶力、美肌、ダイエットなど、数え上げればキリがありません。

DHAは日本では最初に「頭を良くする栄養素」として注目されました。

最近は血液サラサラが期待できるということで、高血圧やコレステロールが気になる人がよく飲んでいます。

世界を見ると日本よりも海外でDHAは人気なのですが、じつは海外では美肌目的で飲んでいる人が多いんです。

少し意外なところでは、DHAは脳の血行が改善するので、頭が良くなるだけでなくうつにも良いといわれています。

さらに『ゾーンダイエット』(日本では『ハリウッドダイエット』)として有名になったバリー・シアーズ博士のダイエットメソッドでは、毎日1000mgのDHA摂取が推奨されています。

DHAだけに限らず、1つのサプリを飲んでみると色々な体調や気分の変化を感じると思います。

ダイエット目的でサプリを飲んだらなぜか集中力が上がったり、美肌サプリを飲んだら気分が良くなったり。

だからといって「なんとなく効いているかも?」というのはNGです。

やはり高いお金を払ってサプリを飲むからには、明確な実感が得られるものを選ぶべきです。

そこで私は次の基準で、飲み続けるサプリを判断しています。

サプリを選ぶ6つの基準

  1. 脳の活性化
  2. 私は最初は『脳と心』を変えるにサプリを飲み始めました。

    昔から集中力がなく勉強が続かず、忘れ物もクラスで一番多いタイプでした。

    うつ病の薬を飲んでいたこともありました。

    もともとダメな自分を変えたい気持ちからサプリを飲み始めた部分があるので、仕事や勉強に集中できること、気分がスッキリすることは私にとって、とっても重要な要素です。

  3. 美肌効果
  4. 20代後半を迎えた頃から、アンチエイジングの重要性を強く感じるようになり、「老けたくない」気持ちは年々強まっています。

    肌年齢がマイナス10歳と言われた時は、本当にサプリを飲み続けてきて良かったと思いました^^

    最近は肌がキレイになりそうかどうかもかなり重視しています。

  5. 体質改善
  6. むくみや冷え症の解消、代謝改善が実感できるものはポイントが高いです。

    ダイエット目的でも使用しますが、サプリだけで痩せるのは不可能だと思っているので、太りにくく・痩せやすくなるための体質改善を実感できるかどうかで判断しています。

  7. 即効性
  8. 実感出来ないものは続きません。少しでも早く何かしらの違いを感じれたほうがうれしいですよね。

    実際、サプリによっては飲んで30分以内にははっきりした変化を感じるものもありますからね。

    私はせっかちなので、遅くても3日以内に何かしらの変化を感じなかったら、なかなか続けることができません^^;

  9. コスパ
  10. 私がサプリを飲む理由のひとつは、コスパ=費用対効果が良いことです。

    自然食系のレストランや高級基礎化粧品を続けることに比べると、サプリのほうが安上がりだと感じています。

    とはいっても継続して飲み続ける場合、コスパは非常に重要なポイントです。成分と価格のバランスはかなり細かくチェックしています。

  11. 試しやすさ
  12. どのようなサプリも、実際に自分で飲んでみるまでは、良いか悪いか、体質に合っているかどうかは判断しようがありません。

    そのため、最初はテストのつもりで飲み始めることが大切です。

    どんなに口コミや評判が良くても、はじめから数ヶ月分を申し込んだりするのは絶対にNGです。

    できるだけ低価格のお試しセットがあったり、返金保証がついているものを選びましょう。

私が飲んでいるサプリ

私が実際に飲み続けているサプリを紹介したいと思います。

もちろん私にとって良いサプリがあなたにとって良いサプリかどうかは分かりません。

あくまで参考にしかなりませんが、少なくとも100種類以上のサプリを飲んできて、これからも飲み続けたいと思っているサプリです。

なお、各項目は私自身の実感にもとづいた完全に主観的な評価です^^

No.1

『きなり』

最高のDHAサプリを目指して作られたそうです。トップクラスのDHA/EPA含有量、抗酸化成分はアスタキサンチン使用、魚臭さ対策など、従来のDHAサプリの問題点を克服し、全ての面で満足感の高いサプリです。

【主な成分】DHA/EPA/アスタキサンチン/ビタミンE/ナットウキナーゼ

【チェックポイント】

  • 1日に必要なDHA500mg配合。
  • クリルオイル配合で他のDHAサプリより吸収率も良い。
  • 抗酸化成分はアスタキサンチン&ビタミンEのダブル処方。
  • 血行サポート成分ナットウキナーゼも配合。
  • 魚臭カット製法。
  • 15日間返金保証。
  • 【飲んで感じた変化】

  • 視界がスッキリして音がハッキリ聞こえる。
  • 頭痛が和らいだり、頭が軽くなる感じ。
  • ダイエット中は空腹感(飢餓感)が減る。
  • 血行が良くなっているのを感じる。
  • 肌荒れしにくくなる。
  • 髪にハリが出て、爪がきれいになった気がする。
  • 翌日の目覚めが良い。
  • 【飲む必要がない人】

  • 毎日お刺身など生魚をしっかり食べている人
    ※DHAは熱ですぐ酸化するので、魚を食べていても焼き魚などの場合、DHAサプリも摂取したほうがベターです。
  • 【飲んだほうがよい人】

  • 魚をあまり食べない人
  • 外食が多い人
  • 記憶力・集中力アップしたい人
  • 頭痛もちの人
  • 血圧、コレステロールが気になる人
  • 今までのDHAサプリの魚臭さが気になっていた人
  • 『きなり』のまとめ

    DHAサプリはたくさん飲んできましたが、『きなり』が一番良いです。

    まず魚臭さ対策が素晴らしいです。

    圧倒的に魚臭さが気になりません。

    DHAサプリはどれも魚臭いので、そういうものだと諦めてい私にとって革命的なことでした。

    成分的にも、普通はビタミンEのみの抗酸化成分のところをアスタキサンチンを入れ、クリルオイルで吸収性を上げるなど、こだわりぬいた配合になっていて、

    やれることは全部やったという感じがします。

    私の場合、飲んで30分以内には脳の働きに変化を感じて、すごく頭がクリアになるので、即効性もあると思います。

    じつは『きなり』を飲むとバファリン並に頭痛も消えるので、頭痛持ちの私にとってはものすごく便利で、もはやサプリを超えた存在になっています。

    正直、これがなくなると困ります・・・。

    No.2

    『めなり』

    『きなり』と同じメーカーのアイケアサプリです。容量いっぱいまで目に良いとされる成分のほとんどすべてを配合した優秀なサプリ。

    【主な成分】ビルベリーエキス(アントシアニン)/ルテイン/ゼアキサンチン/アスタキサンチン/クロセチン/βカロチン/

    【チェックポイント】

  • 目に良い成分はほぼ網羅されている。
  • ビルベリーエキスの含有量が多い。
  • ルテインとゼアキサンチンをきっちり配合したのはポイント高い。
  • 最強の抗酸化成分アスタキサンチンも配合。
  • 15日間返金保証。
  • 【飲んで感じた変化】

  • 朝飲むと夜まで目が疲れにくい。
  • 夜飲むと朝しっかり目の疲れが取れている。
  • 肩がこりにくくなった。
  • 【飲む必要がない人】

  • 目を酷使していない人
  • 睡眠時間が十分に取れている人
  • 【飲んだほうがよい人】

  • パソコンやスマホを見る時間が長い人
  • 長時間細かい作業を行う人
  • 目薬が手放せない人
  • 睡眠時間が短い人
  • 『めなり』のまとめ

    『きなり』が良かったので同じメーカーの『めなり』も飲んでいます。

    成分を見ると、すごく真面目に作られたのが分かります。

    ほとんどのアイケア(視力系)サプリはルテインだけ配合されていますが、目の網膜にはゼアキサンチンも必要なので、両者配合というのは本気度高い証拠です。

    ビルベリーをはじめ、目に良いとされる成分は(DHA以外)全部入ってますね。しかも成分比率も理想的とされる配合率で、アイケアサプリの教科書のような作りです。

    なにげにカロテノイド系の抗酸化成分が網羅されているので、アンチエイジング性も高いですね。

    「脳の疲れは目の疲れが原因」だと言われています。

    目が疲れにくくなると、集中力も持続しやすくなります。

    DHAも目に重要な栄養素なので『きなり』と合わせて飲むと相乗効果が得られます。

    こちらは『きなり』ほどの即効性は感じませんが、10時間以上パソコンに向かった翌日でもしっかり疲れが取れているので、かなり良いサプリだと思います。

    No.3

    『美健知箋ポリフェノール』

    高麗人参、赤ワインエキス(レスベラトロール)、ジンジャーという漢方・西洋・日本それぞれのアンチエイジング成分の代表格を集めたオールスター的なサプリ。

    【主な成分】高麗人参/赤ワインエキス/生姜/その他9成分

    【チェックポイント】

  • 主要ポリフェノールをまとめて摂れる
  • 相乗効果も期待できる成分配合
  • ユンケルで有名な佐藤製薬の渾身のサプリ
  • 【飲んで感じた変化】

  • 飲んですぐに血流改善を感じる。
  • 疲労を感じにくくなる。
  • どんよりしただるさが消える
  • エネルギーがみなぎってくる感じ。
  • 【飲む必要がない人】

  • 勉強、仕事などがそれほど忙しくない人
  • 漢方や生薬系が苦手な人
  • 【飲んだほうがよい人】

  • ここぞという時の集中力とエネルギーが欲しい人
  • 冷え症や低血圧の人
  • 有名アンチエイジング成分をまとめて取り入れたい人
  • 『美健知箋ポリフェノール』のまとめ

    ユンケルで有名な佐藤製薬の『美健知箋』シリーズは非常に評価が高いですね。

    ちなみに『美健知箋』シリーズでは『美健知箋EPA&DHA』というサプリも有名ですが、DHA/EPAに関しては『きなり』のほうが成分・コスパ・使用感全てで上回っているので『きなり』を使用しています。(そのくらい『きなり』の出来は圧倒的に良い。)

    ただし『美健知箋ポリフェノール』もかなり素晴らしいサプリだと思います。

    主成分は高麗人参(サポニン)・赤ワインエキス(レスベラトロール)・ジンジャー(ジンゲロール)で、
    アンチエイジング効果の高いポリフェノール系の成分がまとめて配合されています。

    高麗人参は漢方の中でも特別な存在で『アダプトゲン(環境への適応能力を上げる成分)』の代表です。

    やや年配向けのイメージがありますが、私は20代の頃から常用しています。

    きっかけは記憶に関する脳研究の第一人者である池谷祐二さんが複数の書籍で「記憶力を上げる成分」として、名指しで推薦しているのが高麗人参だったからです。

    レスベラトロールは『ポリフェノールの女王』と言われる成分で、ホルモンバランスの改善に良いと言われています。

    個人的に特に高麗人参とレスベラトロールは相性がよく、だるさが消えてくれるので、それぞれ単品で購入していたこともありますが、こちらのサプリひとつでまとめて摂ることができます。

    この値段でこの成分というのは単純に考えてもかなりお得だと思います。

    生姜も『メガシャキ』に使われているくらいで、血行を促進したり自律神経の働きを良くしてくれます。

    カフェインなどの興奮物質が含まれていないにもかかわらず、体に良い成分だけで心と体をシャキっとさせてくれるありがたいサプリです。

    即効性もすごく高いと思うので、試してみる価値はあると思いますよ。

    No.4

    『スマートガネデン乳酸菌』

    乳酸菌種は23種、乳酸菌数は510億個という世界でもトップクラスの配合量を誇る乳酸菌サプリ。配合量の割りに低価格なのもポイント。

    【主な成分】ガネデン乳酸菌など乳酸菌23種類(510億個)

    【チェックポイント】

  • とにかく乳酸菌種と乳酸菌数が多い。
  • ビフィズス菌だけでも4種類が配合されている。
  • エネルギー生産に重要なアミノ酸をサポートする機能。
  • 顆粒タイプなのに飲みやすい。
  • 30日返金保証。
  • 【飲んで感じた変化】

  • 排便時のすっきり感が良くなる。
  • 口臭が気にならなくなった。
  • 肌が乾燥しにくくなる。
  • 【飲む必要がない人】

  • ヨーグルト、納豆、キムチなど複数の発酵食品を毎日食べている人
  • 【飲んだほうがよい人】

  • 便秘体質の人
  • 免疫力を向上させたい人
  • 発酵食品をあまり食べない人
  • 『ガネデン乳酸菌』のまとめ

    乳酸菌というと便秘解消効果ばかりクローズアップされますが、乳酸菌は口内・胃・小腸・大腸全体や肌にも生息しています。

    乳酸菌の種類によって住む場所と働きが異なるので、乳酸菌種が多いことが乳酸菌サプリを選ぶ大切な条件です。

    総合的なプロバイオティクスとしての働きを期待するのであれば、菌種と菌数が多いという点だけでシンプルに選んでも良いと思います。

    ただし私の体験では、

    乳酸菌サプリは合う合わないの差が大きいと感じています。

    30日と長めの返金保証があるので、1~2週間飲んで感触が良くなければ返品しても良いと思いますよ。

    No.5

    『VCOサプリ』

    話題のヴァージンココナッツオイル(VCO)です。ココナッツオイルは25℃以下で固まってしまうので、瓶入りよりもカプセルに入ったサプリで摂取する方が便利な成分です。

    【主な成分】ヴァージンココナッツオイル(VCO)

    【チェックポイント】

  • ココナッツオイルの美容・健康効果を手軽に試せる。
  • 脂肪にならないオイルなのでいつでも飲める。
  • 返金保証付きでココナッツオイルが試せる。
  • 【飲んで感じた変化】

  • 食欲が減るというか、薄くなる感じ。
  • 疲れにくくなる気がする。
  • 夜に飲むとリラックスできる。
  • 【飲む必要がない人】

  • ダイエットしていない人
  • 夜ちゃんと眠れる人
  • すでにヴァージンココナッツオイルを試した人
  • 【飲んだほうがよい人】

  • 特に食事制限系ダイエットをしている人
  • リバウンド防止したい人
  • 夜イライラして眠れない人
  • これからココナッツオイルを試したい人
  • 『VCOサプリ』のまとめ

    ココナッツオイルは日本ではダイエットの話題が多いですが、脳への良い働きも期待できる成分です。

    ココナッツオイルの主成分である『中鎖脂肪酸』はかなり特殊な成分で、脂肪として溜まることなくエネルギーに変換されます。単に太らないだけでなく、体内の脂肪をエネルギーに変える手助けもするといわれています。

    個人的には脂肪燃焼というより、空腹時のエネルギー不足やイライラから解放される感覚が気に入っています。

    他の有名なダイエット系成分(カルニチン、エフェドリン、カフェインなど)は興奮系なのでイライラしてしまうのですが、そういった副作用がなく、気分的には落ち着く傾向にあるのがココナッツオイルの特徴だと思っています。

    私は精神安定剤的な使い方をしています。

    特にダイエット時のストレス軽減に最も適したサプリだと思います。

    サプリのまとめ

    サプリの最も難しいところは、どんなに良い成分と言われ、データ上の数値が素晴らしくても、最終的には飲んで見ないと分からない点です。

    変化や違いが実感出来るかどうか?ではありません。

    サプリは実感出来るのが当たり前です。

    実際、全く何も感じないサプリというのは極めてまれで、ほとんどのサプリは、体や脳に何かしらの良い変化を感じることができると思います。

    飲んでみないと分からないのは・・・

    自分のイメージ通りなのかどうか?
    価格に見合った実感があるのか?
    最終的に続けるべきかどうか?

    飲んでみないと分からないということなんです。

    逆にサプリの良いところは、例えリピートしなかったとしても、全く無駄にはならないということです。

    体に良い成分を摂ることは、例え継続しなかったとしても、無駄にはなりません。

    ちょっと考えて欲しいのですが・・・

    私はヘビースモーカー
    でした。

    現在は禁煙していますが、もし私がタバコを吸わない人生を歩んでいたら、今よりもっと若く健康だったはずです。

    タバコのダメージを過去に戻ってゼロにすることはできませんよね・・・。

    それと同じです。

    体に悪いことをなかったことにできないのと同じで、体に良いこともなかったことにはなりません。

    たとえ期待ほどの実感が得らず、結果としてリピートしなかったとしても、飲んだ分は確実に良い影響を与えてくれます。

    体に良い成分を摂ることは、絶対に無駄にはなりません。

    ゼロにはなりません。プラスにしかなりません。

    なので、別に今回紹介したサプリじゃなくても良いので、とりあえず試してみるのが良いと思います。

    もしお試しだけで終わっても、プラスの効果は消えませんからね!!

    もし継続したいほど効果を感じられたのであれば、私もすごくうれしいです^^

    自分にあった良いサプリが見つかることを祈っています♪

    Q&A

    ※ご質問の多かった内容について追記しました。

      サプリ全般について

    • サプリには副作用はありませんか?
    • 個人差があるので副作用が絶対ないとは言い切れませんが、私の経験上は、100種類以上のサプリを飲んできて、今まで明らかな副作用や強い不快感を感じたことはありません。

      私はサプリの効果を確かめるために、3日分を一度に飲んだりしますが(真似しないでください)、それでも副作用らしいものはほとんどありませんでした。

      あるとすれば(規定量を大幅に上回る)大量摂取した場合は、少しお腹がゆるくなる可能性はあります。また完全な空腹時に大量に飲むと胃にもたれる感じがする可能性はあります。

      それでも空腹時にチョコレートをたくさん食べた時よりマシですけどね(笑)

      副作用かどうかは別にして、乳酸菌の場合は便の状態が変わるので、下痢気味に感じることはあるかもしれません。

      私の経験上はそのくらいですね。

      参考にしてみてください。

    • サプリは食事と一緒に飲んだほうがよいですか?
    • かなり多くの人に誤解されているのですが、基本的にほとんどのサプリは食事と一緒に飲む必要はありません。

      むしろ食事と一緒に摂るとサプリの効果を感じにくくなるので、食後2時間程度は空けるほうがおすすめです。

      明らかに食事と一緒に摂ったほうが良いのは胃が荒れる可能性のある成分です。風邪薬などの医薬品、合成のビタミン剤などの場合ですね。

      その他、成分を時間をかけて吸収させたい場合、一種のテクニック(バッファリング)として食事と一緒に摂ることはあります。

      今回の5つのサプリでは、高麗人参とジンジャーに関しては胃が荒れる可能性もゼロではないので、もし空腹時に飲んで気になれば、食事と一緒に摂っても良いと思います。(ただし効果は穏やかになり、実感としてもやや薄くなります。)

      普通のDHAサプリは空腹時だと魚臭さが気になりやすいので食事と一緒のほうが良いのですが、『きなり』の場合はこの点も改善されています。

      DHAやココナッツオイルなどはむしろ胃を保護する機能があるので、胃が荒れる可能性は少ないです。

      乳酸菌サプリは、日本では食事と一緒に、海外では空腹時に、といわれているので判断に迷いますが、私は空腹時のほうが変化を実感しやすいです。

      ちなみに海外のサプリは摂取タイミングも書いてあることが多いのですが、だいたいがwith or without meal (食事と一緒でも、別々でもOK)と書いてあったりします。

      すばやく吸収して効果をしっかり実感したい時は食後に2時間以上空けるべきで、穏やかにゆっくり吸収させたい時は食事と一緒に摂取すればよい、と考えておけば問題ないと思いますよ。

    • サプリの効果はどのくらいで実感できますか?
    • 私の場合、成分にもよりますが、早ければ飲んで15分~30分後には何かしらの違いを感じます。特に頭脳系は違いが分かりやすい傾向があります。

      ただしこのような感じ方はかなり個人差の大きいところです。

      参考までに今回ご紹介したサプリについて、私が変化を感じるまでの時間をお伝えしておきます。

      「きなり」⇒30分以内に脳がスッキリしていくのを感じる。

      「めなり」⇒数時間後~翌日に疲労軽減、疲労回復力を感じる。

      「美健知箋ポリフェノール」⇒30分以内にエネルギーの充実を感じる。

      「ガネデン乳酸菌」⇒翌日以降にまず便の変化を感じる。

      「VCOサプリ」⇒1時間程度で飢餓感の減少と気分の落ち着きを感じる。

      効果を実感しやすくするためのポイントは、食後は2時間以上空けて飲むことです。

      効果を感じたからといって体質に合っているとも限らないので、3日~1週間続けてみて最終的にリピートするか判断します。

      逆にどのようなサプリであっても3日間以上全く変化を感じないのであれば、私なら飲み続ける価値はないと判断します。

      成分について

    • オメガ3が良いと聞いてアマニ油を飲んでいます。DHA/EPAサプリを飲む必要がありますか?
    • 余裕があればDHA/EPAサプリも飲んだ方がよいです。

      オメガ3には、DHA/EPA以外にも、チアシードやアマニ油に含まれるα-リノレン酸がありますが、

      DHA/EPAサプリのほうが体内利用率が良いからです。

      αーリノレン酸は体内でDHA/EPAに変換されますが、その時の変換効率が通常は10%程度、人によってはもっと低くなってしまうからです。

      もちろんアマニ油は体に良いので、ぜひ続けてください^^

    • DHAサプリとココナッツオイルサプリだったらどちらが良いですか?
    • どちらかなら断然DHAサプリです。

      DHAは「ないと困る」成分ですが、ココナッツオイルは「あったほうが良い」成分だからです。

      体感上も、DHAのほうが即効性を感じやすいと思います。

      脳の活性化、血行改善・ダイエットなど、期待される働きは似ていますが、私の経験では集中力・記憶力系はDHAのほうがかなり強く、リラックス・食欲抑制はココナッツオイルのほうが強い気がします。血行への影響はDHAのほうがやや強い印象ですね。

      まずDHAサプリ、目的に合わせてココナッツオイルという順番だと思います。

    • プラセンタは飲んでいないのですか?
    • プラセンタサプリもかなり飲みましたが、現在は飲んでおりません。プラセンタ自体は良いと思いますが原料が高いのでコスパが良くない気がします。。

      でも、ごくたまに美容クリニックでプラセンタ注射を打ってもらうことはあります(笑)

    • アスタキサンチンのサプリは飲まないのですか?
    • アスタキサンチンは「最強の抗酸化成分」と呼ばれていて、データ上でも抗酸化効果は飛び抜けていますね。

      ただ私の場合、アスタキサンチン単品だと穏やかな変化しか感じなかったので、高価な成分ですし、現在は単品では飲んでいません。

      このあたりが飲んでみないと分からない、サプリの難しいところではあります。

      個人的には『きなり』『めなり』にはアスタキサンチンも入っているので、それで十分かなと感じています。

    • クリルオイルのDHAが良いと聞きました。
    • まさにその通りで、DHAはクリルオイルで摂るのが最も吸収率が良いです。ただしクリルオイルだけで必要量のDHAを摂取しようとすると、おそらく月1万~2万円はかかります^^;

      『きなり』にはクリルオイルも入っているので、普通のDHAサプリよりは吸収率も良いです。私はそのあたりで妥協しています。

      もし金銭的に余裕があれば、クリルオイルのサプリをたくさん飲んでも良いと思います。(クリルオイルサプリだけの場合、メーカー指定の1日量ではDHAが明らかに不足してしまうので、規定量よりも多めに飲む必要があります。)

      サプリの選び方について

    • 資格試験の勉強をしています。どのサプリを飲めばよいですか?
    • まず脳のコンディションを良くするためにDHAサプリ(きなり)は必須だと思います。

      私なら追加で勉強の前に美健知箋も飲みます。

      睡眠時間が短かったり、目の疲れが気になる場合は、朝と夜寝る前にルテイン系サプリ(めなり)を飲みます。

      基本的に私は頭が冴えるサプリしか飲みませんが、実感としてはそれぞれに違いがあります。

      『きなり』は頭をクリアにしてくれるサプリです。「リラックスした集中状態」という表現がぴったりです

      『めなり』は即効性はありませんが、眼や神経が疲れにくくなるので、長時間の作業や勉強をするときにはとても役に立ちます。

      『美健知箋』は体の芯に「来る」サプリです。ありきたりな表現ですが、元気になる感じですね(笑

      体質にもよると思いますが、意外と集中力や記憶力の向上というのは実感しやすいので、ぜひお試しください^^

    • 冷え症ですが体が温まるのはどれですか?
    • 私の実感では『きなり』と『美健知箋ポリフェノール』です。

      それぞれ血行改善に良い成分がびっしり詰まってますが、少し実感は異なります。

      『きなり』の場合、全身マッサージを受けたあとの感じに似ていて、心地よいリラックス感があります。

      『美健知箋ポリフェノール』は温かいお茶を飲んだ後の感じに近い温まり方です。

      成分面から考えると『きなり』のDHA/EPAやナットウキナーゼは血液をサラサラにすることで血行を良くしてくれます。

      『美健知箋ポリフェノール』の特にジンジャー、高麗人参に関しては血管が拡張されることで血行が良くなる方向ですね。

      私自身も冷え症ですが、手足の冷えが気になるのであれば『きなり』、体の芯を暖めたいのであれば『美健知箋ポリフェノール』が良いと思います。

    • うつに良いサプリはありますか?
    • 今回挙げた中では、『DHA』(きなり)と『ココナッツオイル』(VCO)については、多くの文献でうつに良いと言われている成分です。

      とくにDHAに関しては血液脳関門を通過して脳に直接アプローチできる数少ない成分です。

      長期的にも脳機能全体の改善が期待できます。

      実感としても、精神明晰性、気分の落ち着きの両方が感じられますね。

    • 年配者向けにはどんなサプリがよいですか?
    • 例えば更年期障害などのホルモンバランス対策として『高麗人参』『レスベラトロール』『ジンジャー』は非常によく用いられる成分です。

      というか、おそらく『美健知箋ポリフェノール』は主に更年期くらいの女性向けに作られたサプリだと思います(笑)

      さらに高麗人参は記憶のメカニズムを改善するとも言われています。

      また年齢が上がるほど血圧が上がりますが、血管の健康を保つためには『DHA』は非常に大切な栄養素です。もちろん『DHA』は脳に良い成分でもあります。

      参考までに、私は母親(50代後半)に、健康維持と更年期障害、認知症対策として『きなり』と『美健知箋ポリフェノール』を飲んでもらっています。

    • 肌のアンチエイジング目的ならどのサプリが良いですか?
    • 最初にはっきりお伝えしたいのは、サプリの場合、肌の変化というのは『最後』に現れるものだということです。
      例えば便秘解消であれば、健康に悪くても、下剤を飲めばとりあえず排便できたりしますよね?

      残念ながら肌の場合、そうはいきません。

      血行改善、代謝改善、炎症抑制、ホルモンバランス、免疫力アップ、色々な要素が合計されて肌の状態は良くなっていきます。

      しかもサプリの栄養素が肌に届くのは、脳や内臓などの体全身を巡った後なんです。

      なので肌の変化というのは、すぐには現れにくい傾向があります。

      もし下剤で便秘解消するようなスピードで肌を変えようとすれば、それは美容外科の治療しかありえません。

      じゃあサプリは肌のアンチエイジングに意味がないのか?というと全然違って、むしろ超大切です。

      樹木の根っこに養分や水をあげるように、肌の栄養素を内面から与えてあげてこそ、最終的に大きな結果を得る事ができます。

      もし今回紹介した5つの中で、美肌効果を実感しやすいものを選ぶなら、やはりDHA系の『きなり』ということになります。

      世界的にも、美肌サプリの中でDHAサプリは最も即効性の高いもののひとつだと考えられています。(だからこそ人気があります。)

      参考にしてみてください^^

    • どれかひとつ飲むとすればどれを選びますか?
    • どれかひとつなら迷わず『きなり』です。

      栄養的・成分的にも飲む必要性が高いですし、短時間で違いも実感しやすく、脳にも肌にも良いというバランスの良さもありますが・・・

      何より、私はもし『きなり』がなくなったら普通に困ってしまうからです^^;